特別素材の印鑑を探す

特別な、そして高級な素材にこだわるとなれば、見つけるのはそう簡単でもありません。そもそも印鑑の専門店自体そこまで多いわけではないので、一層大変に感じられるでしょう。ですが、そんな現代においてもなお、比較的簡単にみつける方法があります。それは、インターネットを役立てる方法です。

印鑑印鑑の専門店と聞けば、伝統的で古風な印象かもしれません。ですが、印鑑にこだわりたい人の需要に伴い、通販展開をおこなう老舗も増えてきているのです。事実、関連ワードで検索をおこなえば、明治4年創業の老舗中の老舗といえるような歴史深い店舗もスムーズに見つけられるほどです。ネット通販だからといって、品質に期待できないというわけではありません。むしろ、遠方の老舗商品を家に居ながら購入できるため、一層特別な1点を手に入れやすくなります。

そして、通販店舗はいくつか比較しながら検討する方法もおすすめです。通販展開という利点を活かして、各店充実のラインナップを取り揃えている印象です。ですが、それでもなお他店でしか買えないものというのは、いくらでも存在します。店舗それぞれに、特色が感じられます。ネットで検討するとなれば、複数店の比較も決して大変ではないでしょう。ぜひ、こだわってみてはいかがでしょうか。

≪参考リンク≫印鑑通販 – INKAN Direct

素材にこだわる理由

どのような素材で作られたものでも、印鑑は印鑑に変わりありません。にもかかわらず、素材にこだわることにはどのような理由、メリットがあるのでしょうか。

スーツの女性たとえば、ステータスのひとつとして持てる点です。安いものでも機能する印鑑に、あえて高級な素材を選ぶことで、自身の品格を高める意味合いが出てくるでしょう。良い時計を持つこと、良いアクセサリーを持つことにも、近いかもしれません。印鑑は、小さな存在ではあるもののそれこそひとつ数万円に及ぶものすらあります。頻繁に人に見せるものでもありませんが、だからこそこだわる価値があるというものです。

また、人生を豊かにする意味でも重宝することでしょう。少し大げさな表現かもしれませんが、決して間違いではありません。というのも、印鑑は人生の要所における手続きや契約に必要となる存在です。その際に良い印鑑を使うとなれば、手続きの意味合い、思いも違ってくることでしょう。人生の要所を深く噛み締めながら生きることにより、日々にさらなる充実が感じられるかもしれません。

その他、贈り物としても人気があります。特に、家族や親せきへの成人祝いにおいては、広くもちいられているようです。上質素材の印鑑により、大人への仲間入りの瞬間を祝福してみてはいかがでしょう。

どんな素材があるの?

まず基本となるのが、木材系の素材です。木は、種類によって木目の味わいや風合いが大きく異なってきます。そのため、素材次第で高級な印鑑に仕上げることも可能となってくるのです。また、一口に木といっても、一般的な茶色ばかりではありません。明るい色味や赤い風合い、また黒のシックなタイプまでさまざまです。代表的なものとしては、柘や樺、楓、黒檀、白檀などが多くもちいられています。

水牛次に、動物系です。代表的なのが水牛の角を使ったタイプです。動物系ならではの、しっかりしていながらどこかしっとりとした、暖かみある質感が何とも上質です。また同じ水牛でも、黒水牛やオランダ水牛、また黒系白系など、種類が多岐に分かれます。

また最高級品としては、象牙も忘れてはなりません。ワシントン条約によって輸出入禁止となっている希少素材ですが、日本国内では条約制定以前のものが公的な管理のもと販売可能となっています。絶妙なアイボリーカラーと重厚な風合いは、ハイクラスの証といった印象でしょう。

その他、琥珀やパワーストーンといった、動植物以外を使ったものもあります。上記よりさらに幅広い表現が可能となるため、好みに合った1点をこだわって探すことができるでしょう。

印鑑は素材で選ぶ

100均一印鑑を選ぶ際、みなさんはどのような部分を重視するでしょうか。基本的に、捺印さえできればそれで問題ないので、印字面さえしっかりしていればそれで問題ありません。そして印鑑としての機能だけを考えるのであれば、それこそ100円均一でも手軽に手に入れられてしまいます。こだわろうがこだわらなかろうが、印鑑は手軽に購入できるのです。

ですが、本当にこだわる人は、印鑑として機能するかどうか以外にも注目します。たとえば、印字面に書かれる文字です。書体はどのタイプか、機械製か手彫りかなど、わずかな違いに気を配るのです。一見するだけでは見分けがつかないほどの些細な違いかもしれませんが、その違いこそが味わいや奥深みを演出します。

そしてもう一点、忘れてはならないのが、素材です。バリエーションの多さやこだわり甲斐を考えれば、むしろこちらに重視する人の方が多いでしょう。印鑑としての機能を考えるだけなら、プラスチックや安価な木材でも問題ありません。ですが高級、上質な素材を使用すれば、さらなる使い心地を追求することも可能です。

とはいえ、初心者がいきなり印鑑の素材にこだわろうと思っても、そう簡単に理想の1点は選べないはずです。多種多様に種類が存在するだけに、選び方のコツを押さえておくことが欠かせません。素材の種類や人気素材、そして素材にこだわることでどのようなメリットがあるかなどを特集しました。上質な印鑑に興味があるなら、ぜひご一読ください。